透明な海が見たいなら、瀬低島に行けば間違いなし

沖縄本島から車で移動できる離島というのは数多くあるのですが、特に人気なのは瀬底島ということになるでしょう。那覇から近いのでビーチは常にたくさんの観光客で賑わっています。
本土とは違って透明度が段違い!とはどこでも耳にする宣伝文句かもしれませんが、綺麗さにかけては1.2を争うということも言われているので確かめにいくべき海岸でしょう。

瀬底ビーチで楽しもう

橋を渡ってから西側にあるのが瀬底ビーチになるのですが、いつもたくさんの人がいるのですぐに分かるはずです。一度入ってみれば透明度の高さに思わず驚くことになりますよ。
また白い砂浜も心地よく、白と青のグラデーションによって相乗効果でどちらも美しく見えます。ただの砂ではなく年月を経たサンゴや貝が粉末状になったことで形成されている浜です。
有り難いことにビーチには監視員が常駐しているので、子供連れの人だとしても安心して遊ばせることができます。うっかり沖に出てしまったら普通は気付くのにも時間が掛かりますからね。

家族連れも多く騒がしい空間になってしまっているのが苦手という人もいるかもしれませんが、実際に遊んでみると周りの状況なんて気にならなくなってしまうのが不思議ですよね。

夕日が沈むところを写真に

瀬底島は夕方頃になると太陽が海に沈んでいくシーンを見るのに最高の場所と言われているので、できれば日が暮れるまでは滞在しておきましょう。遊んでたら時間はすぐに過ぎますよ。
いよいよ夕焼けが眩しくなってきたのならば、周囲の風景が全てみかん色になってしまうほどの凄まじい夕景を眺めることができるので、旅の思い出に写真撮影をしておきましょう。
夜がやってきて暗闇に包まれる前の最後の輝きというものは、きっと誰の心にもまばゆいばかりの思い出として残り続けるはずです。見とれてしまってシャッターチャンスを逃さないでくださいね。

グルメを満喫することも

遊び疲れたらお腹が減ってくることにもなりますし、本島まで我慢できそうにもない!と思ってしまうかもしれません。そんな時は瀬底島のカフェでゆっくりと食事にしましょう。
カフェUKAUKAの黒糖ハンバーガーは名物料理にもなっているので、一度食べてみることにしてください。最初は抵抗があるかもしれませんが、ほのかな甘さで癖になることは確実です。
これぞ沖縄料理!という食事を国際通りでするのもいいかもしれませんが、時には離島グルメを追求するのも非常に楽しいので、いった先々でしか食べられないようなものを選んでみてください。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP